●新卒の就業意向96%、9年で最高

求職情報サイト「yes123」が4日に発表した調査によると、新卒学生の就業意向度は96.6%に達し、金融危機の2008年以来の最高となった。進学希望は3.4%にとどまった。内定獲得までの平均期間は66日間。17.8回の応募で1社の面接機会獲得、平均9.2社への面接参加で内定を得ており、一つの内定に必要な応募社数は164社。70.2%は台湾企業への就職を予定し、46.3%が外資系企業への就職を希望。人気業界上位は飲食・旅行関係(35.8%)、IT(31.7%)、マスコミ・広告(29%)など。この他、公務員・国家機関志望は32.8%、創業意向は26.7%など多様化している。同調査は今年5月17~31日にネットアンケート形式で実施され、有効回答数は1386、信頼度95%、誤差は±2.63%。

広告

コメントを残す