●風力発電の電気購入価格、入札制に

経済部能源局は離岸風力発電の電気を台湾電力が買い入れる購入価格を入札制とすると公告した。蔡英文政府は、2025年までに離岸風力発電を10ギガワット(1000万キロワット)建設するとしているが、台湾電量の送電システムの容量が不足しており、現状では70%しか引き取れないため。風力発電側は、昨年平均1度(1キロワット時)当たり7元(約25円)だった購入価格は,入札制にすると同3元程度に下がり、電力供給行業者の利益がなくなると反発、行政院長(首相)に近く正式に抗議する。台湾電力は送電システムも能力増強を計画しているが、システムの増強は2026年以降になるという。

広告

コメントを残す