●光学機器展「OPTO台湾」が開幕

光学機器や半導体の展示会「台湾国際光電大展(OPTO Taiwan)2017」が14日から16日まで、台北市で開催される。バイオテクノロジー、3Dプリント、将来展望学術、レーザーの4エリアが開設される。また、「フォトニクス・フェスティバル」として、平面ディスプレイ、LED照明、太陽光発電、ナノ技術展など合計6展も同時開催する。今年初開催の「スマートカー用光学機器展」には300社が800ブースを出展し、世界40カ国から3万人以上の来場が見込まれる。光電協進会(PIDA)によると、昨年の台湾の光学機器産業は市場規模2兆元(約7兆3154億円)近くに達し、全世界の8%を占める。

広告

コメントを残す