●夏のアルバイト、希望は月1.6万元

学校の夏休みが近づいてきた。例年この時期は、学生アルバイトの数が増える。求職情報サイト「1111人力銀行」の調査によると、今年は81%の学生が夏休み中のアルバイト(家庭教師を含む)を予定している。これらの学生が仕事を選択する際にまず考慮する重要な条件は、「賃金」(71.1%)、「自宅から職場までの距離」(66.9%)、「職場環境」(45.8%)が挙げられた。また最も人気の高い職種については「レストラン(厨房、ホールを含む)」(36.1%)、「データ入力および資料作成」(34.3%)、「スーパー、コンビニなどの売り場(レジ係)」30.7%となった。希望する賃金については、平均で1カ月当たり1万6617元(約6万830円)。

家庭教師については、学生がこれを求める最も大きな理由として「収入が多い」(81.7%)、「時間の運用が容易」(50.2%)、「自分の特長が生かせる、担当する科目に関心がある」(41.7%)が挙げられた。また教え方については「個人教授」が60.0%で最も人気があり、科目については数学(41.7%)、英語(36.7%)が、比較的人気が高いことが分かった(調査は複数回答可)。

広告

コメントを残す