●サンリオ、剣湖山世界に勝訴

テーマパーク「剣湖山世界(JANFUSUN FANCYWORLD)」(雲林県)と株式会社サンリオとの「ハローキティランド」共同開発契約解除について、台湾の最高法院(最高裁)は13日、剣湖山に未払いの契約金5424万9999元(約1億9768万円)を支払うよう命じた。2008年に締結されたテーマパークやホテルの共同開発契約金は8400万元(約3億609万円)で、剣湖山が5期に分けサンリオに支払うことになっていた。しかし、剣湖山は1期・2期及び3期の一部の計1925万元(約7015万円)を支払った後、2010年11月に契約解除を書面で通達。サンリオが契約解除は無効だとして残額請求の訴えを起こしていた。最高法院は金融危機などを解除理由とする剣湖山の主張を退け、判決が確定した。

広告

コメントを残す