●原住民文化園区、1カ月間入場無料に

国内唯一の屋外型原住民博物館「台湾原住民族文化園区」(屏東県)は、今年開館30周年を記念し、7月15日から8月15日までの1カ月間、入場を無料とする。併せて原住民料理や音楽、ダンス、文化体験などのイベントも開催する。同博物館のこれまでの入場者数は延べ1200万人。昨年は延べ37万人と過去最高を更新し、今年は更に増えそうだ。来場者の大部分は台湾人だが、外国人客では日本人が最も多く、次いでマレーシア観光客だという。

広告

コメントを残す