●失業者が長期介護に従事すれば補助金

労動部(厚労省に相当)は20日、長期介護の「長照2.0計画」推進のため、失業者を積極的に介護事業で雇用する奨励計画を発表した。計画では失業者が公立ステーションの推薦を経て、規定に合致するサービス機関や介護センターで1カ月以上働いた場合、毎月5000~7000元の補助金を支給、最長18カ月、合計10万8000元(約39万6000円)を受け取ることができる。ただし、18カ月後に労働者が引き続きセンターで働いても補助金は出ない。このためセンター側は、労働者は18カ月でみんな辞めてしまうのではないかと新計画の不備を指摘、懸念している。

広告

コメントを残す