●台湾と沖縄の音楽フェスティバル開幕

台湾東部の花蓮、台東と日本の沖縄のアーティストが交流する音楽フェスティバル「島嶼音楽季」が19日、沖縄県内で開幕した。台湾からは台東出身の歌手、スミン(舒米恩)ら5組が参加し、東部地域の音楽を沖縄に伝える。

同フェスは黒潮の流れによって多様な海洋文化がもたらされたという共通点を持つ花蓮、台東、沖縄の交流を音楽を通じて深めようと、文化部(文化省)所管の文化施設「台東生活美学館」が開催。2014年から開催地を台湾と沖縄交互に移して行われており、今年で4年目となる。

26日までの期間中にはコンサートのほか、台湾映画「太陽の子」(太陽的孩子)の上映、伝統芸能の交流会などが開かれる。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す