●新竹県初のデパート、2020年開幕

新竹県で初となる大型商業施設「遠東竹北新世紀購物中心」の起工式が、22日実施された。売場総面積は約2万5000坪で、開業は2020年の予定。1700人の雇用創出と、50年間で58億元(約212億円)の税収を県政府にもたらすと期待される。建物は地上10階・地下4階で、駐車場・デパート・スーパー・飲食店などの他、現地住民が利用できる150坪のスペースも設ける。開発を手掛ける遠東(Far Eastern)グループは、現在新竹市に3カ所の大型商業施設を運営しており、今回は新竹地区4カ所目の拠点となる。

広告

コメントを残す