●SLやまぐち号、台鉄SLと姉妹列車

JR西日本の「SLやまぐち号(CT571)」と、台湾鉄路(台鉄)の「仲夏宝島号(CT273)」が24日、姉妹列車協定を締結した。共に日本の川崎車両が製造した同型列車で、CT571は1937年、CT273は1943年製造。どちらも引退後に動態保存され、近年再デビューを果たしている。「仲夏宝島号」は2014年から、6~8月の特定の週末に3回、台湾東部・玉里-台東間を運行している。24日が今年初の運行だったことから、協定締結場所の玉里駅には多くの鉄道ファンが訪れた。

広告

コメントを残す