●アップル直営1号店、台北市に開幕

米アップル社の直営1号店が1日、台北市に開幕した。行列の先頭客は4日前から並び、開幕当日は多くの客で賑わった。しかし、アップル直営店が提供する製品サポートサービス「AppleCare+」は、法的に問題があるとされ、台湾での導入が当面見送りとなった。「AppleCare+」は、製品購入後1年の保証期間を2年に延長する他、過失や事故による損傷修理を2回まで低価格で受けられるサービス。費用は約99ドル(約1万1126円)。金融監督管理委員会は、このサービスが保険業務に当たり、保険取扱資格のない店員が販売することなどが保険法39条に抵触するとした。今後、保険関連の法規改正があるまでは、台湾で「AppleCare+」の導入は難しい情勢だ。

広告

コメントを残す