●JPW、VR体験施設開設を急速拡大

元HTC北アジア地区総経理が立ち上げたAR・VRソリューション企業・JPW(シュン永銀国際科技)は1日、台北市の華山1914文創園区に、計8種のVRなど体感ゲームの旗艦店「Joyland」を開設した。今後、高雄に南部旗艦店を開設する他、映画館・デパート・ゲームセンターなどの業者と組み、7月末までに10~15カ所の店舗内施設を開設するとしている。中型店では10台、大型店では30台以上を設置するという。また、体感ゲーム施設の経営効率向上ノウハウを生かし、JPWはバンダイナムコと提携して今年秋に日本市場へも進出する予定だ。

広告

コメントを残す