●論語刻した花蓮大理石、長崎孔子廟に

古代中国の思想家、孔子を祭っている長崎孔子廟。建材や文物のほとんどは中国大陸から運ばれたものだが、建物の両脇に設置されている「論語」を刻した大理石には、台湾東部の花蓮で産出されたものが使われている

長崎孔子廟は長崎港のほど近くに位置する。長崎港は台湾と日本を巡るクルーズ船の寄港地の一つで、同廟はクルーズ船乗客が上陸後に訪れやすい場所でもある。

同廟に設置されている花蓮産大理石には、論語の全文1万6018文字が刻まれる。また、大理石が「台湾花蓮産」であることを紹介する文章も添えられている。(中央社フォーカス台湾)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中