●ヒルトン、14年ぶり台湾市場に復帰

1972年に台湾に進出し、2003年に撤退していた国際的ホテルグループ・ヒルトン(Hilton)が、14年ぶりに台湾でホテルを開設する。ヒルトンは11日に宏国グループと提携し、新北市・板橋駅周辺開発計画地区に建設のホテルを「ヒルトンホテル(希爾頓酒店)新板」とする。客室数は400室、レストラン計350席、200テーブル規模の宴会場、大型会議場などを備え、来年初めに営業を開始する予定だ。国際会議や展示会などの市場を視野に入れ、交通の利便性が高い板橋を再進出先として選んだという。

広告

コメントを残す