●「八田與一の先輩」鳥居信平像が完成

八田與一と並んで台湾の水利事業に貢献した日本人技師・鳥居信平の銅像が15日、屏東県春日郷に完成し、除幕式が行われた。同氏は東京帝国大学農業土木科出身で、1930年に烏山頭ダムを完成した八田與一の先輩に当たる。鳥居信平は1920年、川床にせきを埋め、伏流水をせき止める方式の地下ダム「二峰シュウ」(※シュウ=土へんに川)を、1923年には「力力渓伏流水シュウ」(同)を完成。周辺の広大な地域に豊かな農業・生活用水をもたらした。このダムは現在でも利用されており、県の歴史建築に指定されている。銅像は奇美博物館が寄贈し、除幕式には鳥居氏の孫も出席した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中