●日本時代の作曲家の記念館、上棟式

桃園市政府は、「望春風」「月夜愁」などの民謡で知られる作曲家、鄧雨賢(1906~44年)の音楽作品を中心に、同時代の音楽作品や資料の収集、保存を目的とした鄧雨賢台湾音楽記念館の建設を進めている。記念館は昨年から改築工事が始まっている同市立図書館龍潭分館に併設される。18日に上棟式が行われ、来年3月の落成を目指す。

「台湾民謡の父」と称される鄧氏は、客家人が多く居住する同市の出身で、「客家が生んだ秀才」とも呼ばれている。記念館の所在地、龍潭は、鄧氏の生まれ故郷。

同市文化局によると、台湾音楽史にテーマを絞った図書館は台湾では初めての試みだという。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す