●香港・雅辰が台北にホテル開設

台北市・西門町で初となる国際ブランドホテル「citizenM(世民酒店)」が27日、グランドオープンした。国内ホテル企業が同地域に開設するホテルが1泊2000~3000元(約7365~1万1048円)程度なのに対し、「citizenM」は4000~6000元(約1万4730~2万2095円)の料金を設定した。香港で上場の信徳グループ傘下の雅辰ホスピタリティグループ(Artyzen Hospitality Group)は、台湾の観光市場を好感し、「citizenM」の更なる展開に加え、自社の他ブランドホテルの開設も計画しているという。

広告

コメントを残す