●中華電信カード、成田・羽田で発売

中華電信は1日、日本でWi-Fiサービス「Wi-Ho!」を手掛ける特楽通公司と提携し、台湾旅行で使えるプリペイドSIMカードを、8月7日から成田空港と羽田空港で販売すると発表した。4Gインターネット接続無制限、台湾国内5万カ所超の中華電信のWi-Fiホットポイントが利用できるカードで、利用期間別に3、5、7、10、15、30日の8種類。4日間のカードは1400円で、4Gネットつなぎ放題に50元(約183円)分の無料音声通話が付く。中華電信は台湾の主要空港や観光地72カ所でプリペイドSIMカードを販売しているが、今後は台湾への出発前に購入できるようになる。

広告

コメントを残す