●民進党本部の現金盗んだ韓国人、逮捕

今月1日、台湾の与党・民進党の党本部(台北市)から現金9万元(約33万円)余りを盗んだ容疑で指名手配されていた韓国人男性の 趙準基・容疑者が、6日に新北市で逮捕された。政党の本部に外国人の賊が侵入したのは前代未聞。警察によると、趙容疑者は1日早朝、エレベーターで8階の事務所に入り、現金を盗んだ後、同日の便で日本へ向かった。しかし趙容疑者が窃盗の常習者として国際刑事警察機構(ICPO)から手配されていたため日本側は入国を拒否。趙容疑者は台湾に送還された。趙容疑者は3日、桃園空港の出入国審査カウンターをすり抜けて逃走。警察は趙容疑者の行方を追跡し、6日早午前4時ごろ、趙容疑者が潜伏していた新北市烏来(ウーライ)区の温泉旅館に踏み込んだ。しかし、恋人とみられる韓国人女性(27)はいたが、趙容疑者は行方をくらましていた。警察が周辺の山を捜索した結果、空き家に隠れていた男性を逮捕し、身柄を拘束した。

広告

コメントを残す