●南部4政府の首長が訪日、観光PR

台湾南部の高雄市、屏東県、台南市、澎湖県の首長が7日、台湾観光業界の関係者約100人を伴い訪日し、共同で日本向け観光客誘致活動を開始した。7日には江東区でBtoBの説明会を開催、8日から13日まではBtoCの観光PRイベント「南台湾、新体験-四県市展」を秋葉原近くの商業施設「マーチエキュート・神田万世橋」で開催する。年間延べ189万人に及ぶ訪台日本人観光客だが、南部まで足を伸ばす日本人はまだ少なく、この機会に南部の魅力を伝えたい考えだ。

広告

コメントを残す