●アトレ、微風と組み初の海外進出

JR東日本グループ傘下で駅ビルの商業施設を手掛けるアトレが、三井物産、微風(Breeze)グループと8日に提携契約を締結し、来年開業の「微風南山店」(台北市信義区)に海外1号店を開設する。まず、三井物産51%、アトレ49%で合弁企業「ATREINTERNATIONAL(AICO)」を設立。続いて、微風グループ60%、AICOが40%を出資する「Breeze atre Holdings」を設立し、台湾でのSC「アトレ」の経営を行う。資本金は2億元(約7億円)。「微風南山店」は来年秋に開幕予定で、総店舗数は200店以上、総床面積は約1万6000坪。うち、アトレは2~4階の約3000坪を使用し、50~60店舗が入居予定だ。

広告

コメントを残す