●台塑生医、初めて観光工場事業進出

洗剤や保健用商品の製造を手掛ける台塑生医(Formosa Biomedical Technology)は、7月25日に同社で初となる観光工場「台塑生医健康悠活館」を彰化県にプレオープンし、来場者数が既に延べ1万人を突破した。彰化県の工場敷地のうち460坪を使用し、製造ラインの見学や同社製品の販売などを実施。現在は経済部に観光工場の認定を申請中だ。今後更に施設拡充も計画しており、年間来場者延べ10万人を目指す。この他、同社は宜蘭県にも約500坪の観光工場開設を進めており、来年7月にプレオープンする計画だ。

広告

コメントを残す