●アジアハッカソン、日本が初参加

経済部工業局は、一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構(VLED)、タイ、韓国の機関と共同で、ソフトウェア関連プロジェクトのコンテスト「アジアオープンデータハッカソン」を実施した。同コンテストは台湾が2015年にタイと共同で始めたもので、今年5月に日台間でオープンデータの相互の利活用等を定めたMOU(覚書)が締結されたことを受け、日本も初参加することとなった。19日には4カ国・計20チームがそれぞれのプロジェクトを発表し、9月14・15日に台湾で開催される「サミット」で各国2チームが優秀チームに選出される。

広告

コメントを残す