●台中国際動漫博覧会、11日に開幕

「台中コミックアートフェスティバル(台中国際動漫博覧会)」が11日、台中市の文化創意産業園区で開幕した。会期は9月24日まで。日本アニメやコスプレを中心としたイベントとは異なり、ヨーロッパなど世界のアニメアーティストとの交流を目指す。ベルギーのイラストレーター、ブレヒト・エヴァン(Brecht Evens)氏の講演なども行われる。また、台中市政府は、市内4カ所の市場跡を改装し、来年からアート作家向け施設として使用する他、文化部と組み「国家漫画博物館」建設計画を立てるなど、台湾のACG産業(アニメ・コミック・ゲーム産業)を牽引する都市を目指す。

広告

コメントを残す