●「iTaiwan」、新幹線内に登場

台湾高速鉄道(新幹線)の全12駅および新竹駅以北の車内で利用できる無料WiFi「iTaiwan」が16日、サービスを開始した。各列車では同時に最大900人のネット接続が可能で、接続速度は最高5Mbps。外国人旅行者の場合、事前にネット登録の上、台湾での利用時に「iTaiwan」サイトでパスポート番号と生年月日を入力する。このプロジェクトは台湾の大手通信会社5社が共同で計17億8000万元(約64億5760万円)を投じて設備を整備しているもので、年内には全線車内でのサービス提供を目指す。世界の高速鉄道内無料WiFiで時間・容量共に無制限なのは、イタリアと台湾のみだ。

広告

コメントを残す