●「幸福路上」、金馬映画祭の閉幕作に

2017台北ゴールデン・ホース・フィルム・フェスティバル(金馬影展)は15日、オープニング作品にヤン・ヤーチェ(楊雅[吉吉])監督の「血観音」、クロージング作品にソン・シンイン(宋欣穎)監督のアニメーション映画「幸福路上」を選出したと発表した。

「幸福路上」はその企画案が2013年、投資家と映画製作者のマッチングを図るイベント「金馬創投会議」(FPP)でグランプリを受賞。4年をかけて完成させた。女優のグイ・ルンメイ(桂綸[金美])が主演声優を務める。台湾の80年代から現代までの時代の移り変わりを、一人の台湾人少女の成長を通じて描き、幸せとは何かを探っていく。

オープニング作の「血観音」は、キャストに香港のカラ・ワイ(恵英紅)、台湾のウー・クーシー(呉可熙)らを迎える。抜きん出た手腕と柔軟な身のこなしによって複雑な政財界で利益を勝ち取る一家の女性3人の愛憎劇が、一家破滅に追い込む事件をきっかけに明るみに出るという物語。

同映画祭は11月3日から同23日まで開催される。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す