●ユニバ開幕式を妨害、年金改革反対派

2017年ユニバーシアード(中国語名=世界大学運動会、略称、世大運)夏季大会の開幕式が19日夜、台北市の台北陸上競技場で行われたが、デモ隊が会場近くに迫り、選手の入場を妨害。アルファベットのCのカナダの選手団が入場した後は旗手だけが入場して開会する異例の事態となった。その後、警察がデモ隊を排除し、残る選手団も一緒に入場行進をしたが、総統府は「台湾のイメージを著しく損なった」とし、違法行為として最大限の処分をする方針を明らかにした。デモ隊は蔡英文政権が進める年金改革に反対する軍人、公務員、教員のOBらによるもので、一般市民からも「国の恥だ」と批判の声が強い。開幕式では司会が蔡総統を英語で中華民国総統と紹介、場外では中華民国旗を振る市民が何人もいた。大会は30日まで開かれ、中国は個人参加で開幕式には出席しなかった。

広告

コメントを残す