●新卒の6割超、いまだに就職決まらず

求職情報サイト「yes123」が22日に発表した調査によると、卒業から約3カ月の現在、正社員の職に就いていない新卒者は61.4%で、昨年を上回った。うち45.9%は正社員職を獲得できておらず、14.8%は一度正社員として就職したものの既に離職した。面接機会を得るまでの応募(書類送付)回数は平均20回、一つの内定を得るには平均5.2社の面接を経る必要があり、どちらも昨年より厳しい状況だ。

職探しを続ける新卒者の88.8%が経済的不安を感じつつ、親の援助(66.6%)や貯金の切り崩し(57.1%)、アルバイト(35.2%)などによって生活している。また、親などからの精神的プレッシャーを感じると答えた割合も61.4%に達した。

この調査は「yes123」が8月3~16日、ネットアンケート形式で実施。有効回答数は1450件、信頼度は95%、誤差は±2.57%。

広告

コメントを残す