●労動部長、工業総会との座談会を欠席

全国工業総会(工総)は23日、恒例の労動部(厚労省に相当)と双方のトップによる座談会を開いたが、林美珠・部長が公務を理由に欠席した。この座談会は20年以上の歴史があり、労動部のトップの不参加は初めて。このため工総側は、労動部は工総を軽視していると批判、工総の許勝雄・理事長も欠席した。この日の会合で工総は一例一休に対する不満から、過勤料は半年間の総量管理とする、休息日の過勤料は、上場企業は2.5倍、中小企業は2倍とするなど7項目の建議をまとめ、労動部に提出した。

広告

コメントを残す