●夏の飲料、無糖が人気の主流に

コンビニで夏に大きく売上が伸びる飲料商品で、無糖が主流となってきた。ファミリーマート(全家)では、夏の売上上位飲料のうち、無糖ウーロン茶が7月に前年から2割売上を伸ばした。Hi-Life(莱爾富)では、夏の飲料売上4億元(約14億4665万円)のうち茶類が4割を占める。売上上位3商品はどれも無糖茶だ。この他、今年はフレーバーウォーターも大きく人気を伸ばしている。セブンイレブンはPB「iseLect」で果実風味のフレーバーウォーターを販売し、夏の売上が秋冬から40%伸びた。各社の低価格炭酸水も人気となるなど、無糖飲料の売上成長から台湾の健康志向の高まりがうかがえる。

広告

コメントを残す