●海上風力発電、申請地三分の一を厳選

経済部(日本の経済産業省に相当)は28日、離岸(海上)風力発電についての会議を開き、2025年の総発電量を3.5ギガワット(350万キロワット)とする目標を再確認した。しかし現在、申請が出ているのは十数社、22の建設地に上り、合計発電量は10ギガワットのもなる。このため経済部は年内に申請地すべての環境評価を行い、来年にはその中から三分の一を厳選する。今後、申請する業者は政府が発電場所を選定して公告する風力発電発展第3段階の2026年まで待たなければならない。

広告

コメントを残す