●ユニバで台北市長に大満足、世論調査

世大運(世界大学運動会=ユニバーシアード)の台湾の選手たち約200人が31日、総統府前から台北市政府まで凱旋(がいせん)パレードし、沿道で約3万人の市民が声援を送った。出発地の総統府前では蔡英文・総統も選手達と写真を撮るなどしてねぎらい、市政府前では柯文哲・台北市長が選手達をハイタッチで出迎えた。世論調査で大会主催の責任者である柯氏の大会運営については、『蘋果日報』の調査では73.70%が、『中国時報』の調査では80.3%が「満足」と答えた。柯氏の施政についても、『中国時報』では55.1%が「満足」、台北市長の再選についても57.39%が「賛成」としており、この大会で柯氏の評価が大きく上昇した。大会支援の蔡総統についても、『蘋果日報』では44.53%が「満足」と回答し、人気低迷が続いていた蔡総統の人気回復の兆しがうかがえる。

広告

コメントを残す