●日本向け三国志ゲーム、売上好調

唯晶数位(WeGames)が7月末、初めて日本市場に投入したスマートフォンゲーム「大三国志」が、公開から3週間も経たずにiOS版ゲームダウンロードランキングで10位に入った。2016年の市場調査によると、日本のゲーム課金率と金額は共に世界第3位、ゲーム課金額は124億米ドル(約3737億台湾元、約1兆3673億円)に達する。ゲームへのロイヤリティが高い日本市場での順調な滑り出しにより、同社は同ゲームの月商は3000万元(約1億977万円)に達すると推計しており、下半期の業績に大きく貢献するとみられる。

広告

コメントを残す