●台湾の双子、日本の料理コンテスト金

呉鳳科技大(嘉義県)ホスピタリティーマネジメント学科4年の曽慶輝さんと曽慶煌さんが8月下旬に横浜市内で開催された料理コンテスト「日本アジア料理名人大会」の中華料理の炒め物部門で、それぞれ金賞を受賞した。同大によると、二人は双子の兄弟で、他県でのインターンシップの合間を縫って嘉義に戻り、訓練を続けてきたという。

同大会には日本や韓国、マレーシアなどアジア各国から200人以上の料理人が参加。社会人の部と学生の部に分かれ、20人の専門家が食材の運用や創造性、栄養、調理技術などを総合して出場者の料理を評価した。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す