●ラーメンの一蘭、台湾2号店開設へ

日本の人気ラーメン店「一蘭」は、6月15日の台湾1号店開幕に続き、2号店の出店準備を進めていることを明かした。1号店と同じく台北市内の予定だ。また、7月に日本で発売したインスタント麺「一蘭ラーメン ちぢれ麺・一蘭特製赤い秘伝の粉付」を、台湾1号店(台北市信義区)でも14日から販売する。価格は5袋入りで750元(約2752円)、店舗のみでの販売だ。一蘭の台湾1号店は、開店以来の連続行列時間が312時間40分(途中5分間の中断あり)を記録し、香港店の190時間を超えた。また、60席の台北店の年間売上が、180席の道頓堀店を上回る可能性も出てきた。

広告

コメントを残す