●平渓天灯祭り、来月の中秋節にも開催

新北市政府は中秋節の10月4日に平渓で「新北市平渓天灯祭り」(天灯節)を行う。同イベントは毎年、旧暦1月15日に当たる元宵節に催されることで知られており、中秋節の開催は初。8日に開いたPR記者会見で、同市政府観光旅遊局の陳国君・局長は、異なる季節に訪れることで、より多様で豊富な景色を楽しんでもらいたいと来訪を呼び掛けた。

11日正午、同市の特設サイトでイベント当日に天灯を上げる事前予約が開始されたが、同日午後5時までに定員に達した。だが、現地の観光スポットを巡り、最後にイベントで天灯を放つツアーも複数企画されており、同サイトで予約できる。

元宵節に行われる天灯祭りの見物客は毎年10万人を超えるといわれており、過去には海外メディアに取り上げられたこともある。交通部観光局の2016年の調査で、平渓は訪台外国人旅行者に人気の観光スポット第3位に選ばれた。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す