●LINEギフト、2年で利用額7倍に

コミュニケーションアプリ「LINE」のギフト送信サービス「LINEギフト(礼品小舗)」が台湾で2周年を迎え、今年の同サービス利用額は昨年の7倍と激増した。2015年9月開始の「LINEギフト」では、「LINE」を通じて相手に食事やコーヒーチケットを贈るのが最も人気で、現在の利用率は全「LINE」ユーザーの4割に及ぶ。今年初めにギフト宅配のサービスを導入したことから、利用額は前年の7倍、平均ギフト単価は1000元(約3676円)近くとなった。現在、宅配対応ギフトは5000種以上。この他、7月にはホテルのオンライン予約機能も開始された。

広告

コメントを残す