●秋の味覚、万里蟹の最もおいしい季節

北部・新北市の沿岸に生息する「万里蟹」が産卵期を控え、一年で最もおいしい時期を迎えた。

万里蟹は同市万里区で水揚げされるシマイシガニ、ジャノメガザミ、ワタリイシガニなど、台湾近くの海域に生息する海ガニの総称。台湾で食卓に上る海ガニの約8割を占める。同市政府は近年「万里蟹」ブランドとして積極的にPRをしており、イベントなども開催される。

肉質はとても柔らかく、炒める、蒸す、煮るなど、さまざまな調理方法で楽しめる。台湾では、「カニを食べるなら万里蟹」ともいわれるほど親しまれており、秋には多くの美食家が万里の漁港を訪れる。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す