●台湾唯一の屋外土俵、桃園に復活

桃園市大渓区の中正公園で17日、台湾唯一となる屋外土俵が復元され開幕した。中正公園は108年の歴史があり、日本統治時代には土俵や公会堂、大渓神社などがあった。土俵には、旧・桃園神社(現在は桃園市忠烈祠)の手水舎を参考に、ヒノキ造りの日本風屋根も新たに建設された。桃園市は今後、相撲関連のイベントを開催するとしている。また、桃園区の体育館(桃園アリーナ)では来年、世界相撲選手権大会を開催し、50カ国から相撲選手が訪台する予定だ。

広告

コメントを残す