●国内・国際線、遅延5時間で全額返金

交通部(=交通省。国土交通省に相当)の民用航空局(民航局)は15日、民間航空業者と乗客との紛争処理規則を改定した。台湾の空港を利用する全ての国内・国際線で5時間以上の遅延が発生した場合、別便への振替を希望しない乗客には全額の払い戻しを可能とした。台風など不可抗力の天候が理由でも適用され、航空会社は返金手数料を徴収できない。国内外全ての航空会社がこの規定の対象となる。民航局は、この新規定により短期間渡航のビジネスパーソンなど、旅客に新たな選択肢が増えるとしている。

広告

コメントを残す