●一例一休の労基法、年内に再度改正

行政院(内閣)は18日、立法院(国会)の民進党議員団と協議、22日から始まる院会(本会議)で今年1月実施の一例一休の労基法改正を再度修正することで一致した。行政院は10月中に労基法再改正案を提案し、立法院は最優先で審議し、年内に成立させる。改正は休息日の過勤料の扱い、年度末の休みの計算、残業時間の上限などが主要争点。労基法は昨年末に改正したばかりで、わずか1年で再改正することになる。立法院ではこのほか軍人の年金改革案、退職公務員らの訪中規制の両岸人民関係条例の改正などが審議される。

広告

コメントを残す