●日本の生パスタ店、台湾1号店を開設

生パスタ製造の株式会社ニューオークボ(千葉県柏市)が手掛ける生パスタ専門店「スピガ」が、台北市に台湾1号店「SPIGA PASTA」を開設する。27日にプレオープン、10月15日にグランドオープンする。同店は台湾の慕里諾餐飲グループが代理権を取得したもので、店内に設置されたパスタ製造機で作られた生パスタを提供する。座席数は70席、価格は180~280元(約667~1038円)。慕里諾餐飲にとっては、とんかつ店「かつ政」、ホットケーキ「uzna omom」などに続き五つ目の日本ブランドとなる。

広告

コメントを残す