●新竹動物園、旭川動物園長を顧問に

新竹市の林智堅・市長は25日、新竹市立動物園の再生計画について、旭川市旭山動物園(北海道)の坂本元・園長に顧問への就任を要請した。新竹動物園は1936(昭和11)年開園。台湾で唯一同じ場所で営業を続ける歴史ある動物園だが、近年は苦戦している。林市長は、廃園の危機から復活した旭山動物園の事例を参考にしたいとしている。新竹動物園再生計画では、各界の専門家の意見を求める他、東京・上野動物園とも友好協定を締結した。坂本・旭山動物園長は、同園の改革は観客増ではなく動物福祉が目的だとしており、新竹動物園も同様の考えだ。新竹動物園は、動物飼育環境の改善、教育的意義、街の歴史継承を目的として再生計画を進める。

広告

コメントを残す