●高雄LRT、第一期区間が全線開通

高雄LRTの第一期区間[(リシ内。※リ=竹冠に離、シ=人偏に子)-哈瑪星8.7キロメートル、全14駅]の全線が26日開通した。この日午後、駁二蓬莱(駅番号C13)、哈瑪星(C14)の二駅が開業し、開通記念セレモニーが挙行された。

夕方には、全14駅を結ぶ列車の運行が開始された。第一期区間は今年6月末までにリシ内(駅番号=C1)-駁二大義(C12)間で開業しており、駁二蓬莱、哈瑪星の開業が待たれていた。全線開通時期は今月30日と予定されていたが、それより早く開通した。開通記念セレモニーに出席した陳菊・高雄市長は、第一期区間の全線開通が実現したことは各界の関係者らの協力によるものであるとして謝意を示すとともに、今後は利用者増加に向けて積極的にPR活動を展開していく考えを示した。

高雄LRTは10月まで無料で乗車でき、11月から運賃を徴収する。料金は一律大人30元(約111円)、ICカード利用の場合は25元(約93円)の予定。

広告

コメントを残す