●和牛輸入再開、リージェントが先陣

狂牛病問題による2003年の輸入禁止以来、14年ぶりに日本産牛肉の台湾への輸入が再開されるのを受け、リージェント台北(晶華酒店)が第一便の宮崎牛を確保した。ホテル館内6軒のレストランで13品の和牛メニューを提供する予定だ。同グループのシルクスプレイス台南(台南晶英酒店)でも、早ければ10月17日にも館内レストランで和牛メニューを提供するという。この他、グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店)や焼肉チェーンの乾杯グループも和牛提供を予定しており、10月からは和牛が飲食業界の大きな目玉となりそうだ。

広告

コメントを残す