●宜蘭と花蓮結ぶバイパス、2年後完成

東部・宜蘭と花蓮を結ぶ唯一の道路「蘇花公路」で進められているバイパス道路工事について、蘇花公路改善工程処の邵厚潔・処長は9月27日、2019年末に全線完成させる見通しを明らかにした。宜蘭県南澳で2012年に漢本遺跡が発見されたのを受け、一部区間の工事に影響が出ていたものの、8月末に発掘作業が完了し、9月25日には文化部(文化省)による視察を終えた。

邵処長によれば9月15日現在、工事の進捗率は74.66%。蘇澳―東澳(共に宜蘭県)間は主要工事がすでに完了しており、来年の春節(旧正月)前にも開通する見込みだという。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す