●桃園市と宮崎県、友好交流協定締結へ

桃園市の鄭文燦・市長は4日から6日の日程で宮崎県を訪れており、文化・観光・教育・スポーツ・産業等の分野における友好交流協定を締結する。5日は、宮崎県で唯一税関支署が設置されている港湾であり、台湾の基隆港・高雄港などと国際定期コンテナ船が就航している細島港への視察も行う。また、宮崎総合農業試験場では農薬検査や食品安全などについて意見交換を行う予定だ。桃園市と宮崎県は1998年以来、日台学生の相互交流やスポーツ、文化での交流活動を続けてきた。

広告

コメントを残す