●姫路のまねき食品、台北に駅弁販売店

姫路駅の駅弁や「えきそば」で有名なまねき食品(兵庫県姫路市)が31日、台北駅構内の微風北車店(Breeze Taipei Station)内に駅弁の販売店をオープンする。明治21年(1888年)創業の老舗であるまねきの看板駅弁「幕の内駅弁」の他、現代的な「99元(約368円)ボックス弁当」などを販売する。台湾を代表する駅弁は台湾鉄路の「台鉄弁当」で、昨年は1000万個以上、7億4000万元(約27億5307万円)を売り上げた。彩りあふれる「まねきの駅弁」で、台湾の鉄道旅のお供に新たな選択肢が加わる。

広告

コメントを残す