●太陽光発電見本市、18日台北で開幕

台湾貿易センター(TAITRA)、国際半導体産業協会(SEMI Taiwan)、台湾太陽光電産業協会(TPVIA)が主催する太陽電池・太陽光発電関連装置・技術の見本市「台湾国際太陽光発電見本市(PV Taiwan 2017)」が18日から20日まで、台北市の世界貿易センター・南港展示ホールで開幕する。今年の出展社数は、前年より14.7%多い国内外145社超となった。国内の大手太陽光発電関連企業の他、ドイツは9社による「ドイツ館」を開設する。昨年の来場者数は9336人で、うち海外からは846人が訪れた。

広告

コメントを残す