●西郷菊次郎の縁、指宿市が宜蘭訪問

鹿児島県指宿市旅行協会は18日、宜蘭市を訪問し、来年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」と指宿市観光のPRを行った。大河ドラマ「西郷どん」は、台湾でも放映される予定だ。同ドラマの主人公・西郷隆盛の息子、西郷菊次郎は、初代宜蘭庁長を務めた経歴があり、現在も記念碑などが残る。また、西郷菊次郎が建設した堤防は「西郷堤」と呼ばれ、現在の西門橋もかつて「西郷橋」と呼ばれていた。江聡淵・宜蘭市長は、西郷氏でつながる両市の観光交流拡大への期待を示した。

広告

コメントを残す